ささやき

色々な思ったことを書いてます

五月は

5月は気温差が激しいので体調を崩してる人が多いみたいで
私もなんか最近腸の具合がよくなくて


訃報が続きますね

星さんと朝丘さんが亡くなりましたね
お二人とも気品のあるいい女優さんでしたね。
朝丘雪路のアルツハイマー病にはちょっとびっくりしました。
ご冥福をお祈りいたします

昨日で一周忌

昨日義母が亡くなって1年になりました。
 認知症を患って14年、寝たきりの要介護5になって10年と在宅介護していました。
 良く近所の人にも訪問看護師やケアマネの方にも良くやってる偉いと会うたびに褒められましたが
私は最後までピンと気ませんでした。周りにしたら特別なことかもしれないんですが私に取ったら日常の当たり前でした。
 家族がある日から自分で自分のことが出来なくなったので手助けしただけで特別なことでもなんでもなくて生身の人間なら病気をするのも当たり前でそれが頭の病気だっただけだと思ってます。もちろん認知症なので徘徊や暴れられたり、トイレを失敗したり財布がないと真夜中でも探しまわったり。毎日「帰る帰る」と現在が分からないために困らせたり。寝たきりからはオムツ替えも10年しました。入退院も繰り返しました。きざみ食から流動食へと作り続けました。床ずれの治療もずっとありました。泣き笑いの14年間でした。介護の先輩にこう励まされたのを覚えています。
 元気な姑さんにガミガミ言われて嫁姑で苦労するより「可愛くなったおばあさん」と暮らす方が楽なんじゃない?確かにそうだと思って。


 経験から感じたのは何でも「考え方ひとつ」だなと思っています^^
それと人って泣けば泣くほどに、弱音を吐けば吐くほどに今よりも強くなれるし、そして困難から逃げようとして逃げ場がないと気づくと前に進もうとする力がでるし、だから弱い自分を出していいと思う 


 義母が亡くなってこの一年、燃え尽き症候群のようになってた私を救ってくれたのが
平壌オリンピックで怪我に耐えて金メダルをとった羽生選手でした。
 見事なノーミスのSPを観た時に「負けるな!」って言われたように思いました。
これからは自分のやりたいようにやって行こうと思いました。
 自分のためになかった時間を取り戻す思いで毎日色々な運動のトレーニングも続けています。
そして大好きな羽生選手を応援しています^^